スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

メタボリック予防の食事

メタボリックの予防・改善には食事療法があります。

メタボリックシンドロームを予防する食べ方とは

・決まった時間に食べる
・就寝前に食事をしない
・暴飲暴食しない

などが言われます。
しかし、その日の都合によって「メタボになる」と言われる行動を避けられない日もあります。

かといってなし崩しではメタボリック一直線。
まずは食べすぎないことがメタボリック予防につながるのではないでしょうか。


参考までに、100キロカロリーに相当する食べ物の目安を記載します。

ごはん 3分の2杯(63グラム)
トースト(バター付き) 2分の1枚
ラーメン 5分の1杯

とんかつ(ロース) 4分の1枚
鶏のから揚げ 3個
焼き鳥(塩・皮なし) 3本

バナナ 119グラム
あめ玉 5個
せんべい(純米) 18グラム


スポンサードリンク

メタボリック対策のダイエット方法

体重5%減でメタボリックが改善に向かうと記事にしましたが、その痩身ダイエットにも方法があります。

短期間でダイエットしても内臓脂肪は減らないのです。
これではメタボリック対策、改善にはなりません。

急激なダイエットで減るのは、脂肪ではなく水分だといわれています。
また、体が飢餓状態を感じるとタンパク質まで分解されるため、筋肉が減ってしまいます。
極端な小食では体の健康維持に必要な栄養素を取ることもできなくなります。


体重の5%を減らすのに3か月程度かけるのが無理のない減量だといわれています。
また、日本肥満学会では最低でも1か月以上の期間をかけることを推奨しています。

食事量を少し減らし、運動量を増やすのが安全なメタボリック対策、ダイエットです。


スポンサードリンク

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。