スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

痩身だけではメタボリック対策にならない

ウエストが太い人がメタボリックシンドロームとは限りません。

メタボリックシンドロームの診断基準

1. ウエストサイズ: 男85センチ以上、女90センチ以上
2. 高脂血症: 中性脂肪値150mg/dl以上、HDLコレステロール値40mg/dl未満のいずれか、もしくは両方
3. 高血圧: 収縮期血圧130mmHg以上、または拡張期血圧85mmHg以上
4. 空腹時血糖値 110mg/dl以上
5. [1] に加えて、[2] から [4] の2つ以上に当てはまる場合

一般に、ウエスト85cm以上ならメタボリックシンドロームと言われますが
腹囲だけでメタボと診断されるわけではありません。

ただ痩身だけでメタボリック対策、予防ができるものではありません。
総合的に健康を維持できるように気をつけましょう。
いくつかの要因が重なった場合にメタボリックシンドロームとされます。

スポンサードリンク

メタボリック対策・予防に熱心な世代

世代、性別によってメタボリック対策・予防に熱心な世代とそうでない世代があるようです。

健康の維持増進に効果のある項目(「朝食の摂取」「1日1万歩」「運動習慣の継続」「禁煙」など)を
知っているか、また、実践しているかを調査した結果によると

健康によいこととしっているのに実践できないのは

30~44歳男性、
45~59歳男性

で高い傾向が見られます。

逆に60~74歳メ女性は実践割合が高く、最も熱心に健康維持に努めています。


働き盛りの男性は仕事が忙しくてメタボリック対策どころか健康維持対策もむつかしいようですね。

しかし小さな不摂生がたたってメタボリックシンドローム、高血糖、高血圧、高中性脂肪となり、果ては大病になってしまっては働くこともできません。

メタボリックシンドローム原因の第一は食習慣。
食べすぎない、早食いしない、という簡単な事からメタボ予防・対策を始めませんか?

スポンサードリンク

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。